2月10日「文化芸術による創造のまち」総括
本年も文化庁支援事業により、シンポジウムと総括コンサートが開催された。 会場の八郎潟町環境改善センターには、400人を超える町内外からの観衆が集い、文化芸術を通して「まちを元気にする」をテーマとした討論と民謡、踊り、そしてフォルクローレコンサートに親しんだ。

シンポジウムでは、文化や芸術活動は、安全、安心な「まち」づくりには欠かせない要素、という問題提起から始まり、 「願人踊」と「一日市盆踊」の2つの無形民俗文化財を保有している、八郎潟町の「まちづくり」と活性化について熱心な討論がされた。

写真は左から音楽評論家の佐藤克明、山形市「四方山会」会長の河合克行、「一日市郷土芸術研究会」会長の畠山美喜雄、八郎潟町「クライン」副会長の児玉亮の各氏、コーディネータはエッセイストのあゆかわのぼる氏が努めた。
シンポジウムに続いて午後からは子供達の「総括発表」とコンサートが行なわれ、八郎潟小学生の「子供願人踊」、「秋田音頭」そして八郎潟中学生の「三味線、尺八」の演奏が披露された。
写真は、八郎潟小有志による「願人踊」

秋田市の「高翔会」高橋雄一さんと歌手の福本恵美さんは、八郎潟中学生の三味線指導に当った来られた。民謡コンサートでは、福島県の民謡「相馬しぐれ」に合わせて、八郎潟町の千田郁代さんが「創作舞踊」を披露。               
四方山会の阿波踊りは優雅に観客を魅了した。    
四方山会の若さと躍動感に溢れる「花笠踊り」は、観衆に大きな感動を与えて
民謡コンサートの最後を飾った。  
第3部フォルクローレコンサートでは、「ラモス上村」のケーナが響き渡った。  

Copyright&copy2006 Yokohama Electronics Co.,Ltd All rights reserved.